【ふれあい貸し会議室は、なぜ安い!?その3】お客様とのコミュニケーション方法

2022年7月20日

1時間700円の会議室。お客様とのやりとりなどもあるのに、それって事業として成り立つの???


よくそのようなことを聞かれます。答えは、

「はい。普通にやったら利益出ません」です。


我々の会議室も200件ぐらいあり、1日数千人のご利用者様をお迎えしています。24時間営業の会議室もあります。

そのご利用者様一人一人と、細かいやりとりをしていたら、当然利益が出ません。


そのために、弊社で思いっきって取り組んだのが、ガイドの徹底化・電話レス対応・メール即レス対応 です。


我々の会議室は、全ての会議室に、必ず「ご利用案内」のガイドを用意しています。そのガイドには、駅の出口から会議室までのたどり着き方、鍵の取り出し方等を全て分かりやすく記載しており、これさえ見れば「絶対に」会議室にたどり着くことができるようにしています。
しかし、このような資料を用意するのが結構大変なんです。。。


上記ガイドとセットで、実施したのが「電話レス」対応です。今でこそ同業他社様も実施されていますが、最初に電話レスを導入したのは、我々が初めてではないかと思います。
「電話を受けないなんて不親切」といった意見が実施当初はありました。しかし、ガイドをしっかりと作り混み、電話を受けない代わりに料金を手ごろなに設定したら、多くの利用者から賛同を得られました。


それでも、当然不測の事態は起こります。そこで徹底しているのが「メール即レス対応」です。おそらく同業者の中で、一番メールの返信が早いのではないか、というぐらい、返信はすぐにしております。(大抵5分以内には返信しています)

それを実現するために、各スタッフは、モニターを1人あたり3台ぐらい置いて、常に連絡がないか目を光らせております。はたから見たら異様な光景だと思います。(笑)



なお、ここまでしておきながら、「それでもいざという時に電話したい」というニーズがあるのを認識しております。


これについては、別途、我々にて斬新な施策を準備しています。準備ができたら発表しますので、お待ちくださいませ!